常識的に考えれば異常というか奇異

15歳の女子高生が『マンションで保護者のいない一人暮らし』というのは常識的に考えれば異常というか奇異な生活形態であり、

『全寮制の高校(入寮している生徒)以外の女子高校生の一人暮らし』というのは身近な例ではまず聞いたことがない。 勤労学生もいる定時制・夜間高校であればそういった一人暮らしの生徒がいる可能性もあるが、県内有数の普通科の進学校 闇金相談 松山(加害者は東大志望で成績も それなりに良かったという)で、親がいない一人暮らしのマンションから学校に通っている生徒というのは日本全体でも極めて少ないのではないか。 マンションの外観を見ると築年数も新しくある程度の高級感もあるので、ワンルームの可能性もあるが高校生にしてはなかなか贅沢な部屋の感じで、家賃も古いアパートのような安さではないだろう。 家賃に加えて生活費・雑費・学費もかかることから、父親はそれなりに経済的に余裕があったように推測されるが、こういった生活形態を女子生徒自ら が望むという事は考えにくく、仮に家にいたくない、父親の顔を見たくないなどの理由で表面的には望んだとしても、『家にいられない理由(家に自分の居場所 がないという疎外感・いづらさ)』があったことは容易に推測される。