転職者

いわゆる企業は働いている人間に向けて、どれくらいいい雇用条件で契約してくれるのかと、最も早く会社の利益アップに通じる能力を出してくれるのかだけを待ち望んでいます。

転職者が仕事に就きたいならばアルバイト・派遣でもなんでもいいので仕事の履歴を作り、あまり大きくない会社を目指してどうにか面接を受けるというのが基本的な早道なのです。

収入そのものや職場の処遇などがどんなに厚遇だとしても、職場の状況そのものが劣化してしまったならば、またまた別の会社に転職したくなる恐れだってあります。

【就職活動のポイント】面接という場面は、採用担当者が面接を受けている人はどんな性格の人なのか本質を見ているわけですから、原稿を上手に読むことが重要なのではなく、誠意を持って自分のことを語ることが大事。

外国籍企業の勤務場所で欲しがられる業務上のマナーや技術は、日本人の営業マンについて必須とされる物腰や業務経歴の水準を著しく超えているといえます。