電池が

読んでた本に、人間は「愛の電池」が充電されないと生きていけない、といったことが書いてあった。

なるほどーっと思った。
そういえば、世の中には、愛の電池が十分充電されて他の人にも送ることができるぐらい満たされてそうな人と、そうでなくて随分枯渇してそうな人と、両方いる。

どっちかというと、前者が少なくて、後者の方が多いのかもしれない。
自分も、できれば、十分に充電されていて、他の人にも充電できるような人間になりたい。

けれど、ちょっと現状はあやふやだ。
もっと充電して、他の人にも充電できる人間になろう。
行ってきました〜るんるん
いやあ大混雑でした!受付してから3時間待ち!

期間が延長されたというのに、あの混みっぷりは凄すぎですふらふら
ショップで買い物するのも大変で、私も友だちも買い物カゴあたまの上に乗せて人の隙間を蟹歩き。
そのとき頭をよぎったのは

『水汲みに片道2時間。学校へ行けない子ども達』
目当てのツタンカーメン展の展示品は少なめでしたが、人混みであんまりよく見れなかったのではじめは買うつもりなかった図録を買いました。