コーヒー

季節病ともいわれる花粉症とは、森林の杉や檜、ブタクサなどの決まった時期に飛散する花粉に誘発され、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・ノドの痛み・鼻みずなどの不快でゆううつなアレルギー症状をもたらす病気だということは、今や常識となりました。
最大の臓器である肝臓に脂質やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や狭心症などのありとあらゆる健康障害の合併症の元凶となる可能性があります。
ハーバード大学医学部(HMS)の調べによれば、通常のコーヒーと比較して1日2〜3杯はデカフェコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸がんの発生率を約52%減少させることができたらしい。
H17年2月より新たにトクホ(特定保健用食品)のパッケージには「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意を促すキャッチコピーの表示が義務となった。
体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が無いのに、体重が食物摂取や排尿などにより一時的に増減するケースでは、体重が増加すれば体脂肪率は低下し、体重が減った方は体脂肪率が上がるのです。
もし血液検査で危惧していた通り女性ホルモンの分泌量が基準値よりも少なくて早発閉経(POF)だと分かったら、不足している女性ホルモンを足すような医術で治せます。
健康を推進する世界保健機関は、身体に害を与えるUV-A波の著しい浴び過ぎは皮膚疾患をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で日焼けサロンを使用することの禁止を強く先進国に提起している最中です。
消化器科で診てもらう急性腸炎は、大方は腹痛・悪心・下痢に見舞われる程度ですがバイ菌の感染が原因の場合は激烈な腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に38度以上の高熱が出るのが相違点だといえます。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、消費カロリーの低下、多忙によるストレス、老化といった様々な原因が絡むと、インスリンの分泌量が減ったり、働きが鈍化したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。
我が国における結核対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に従って行われてきましたが、平成19年から数多くある他の感染症とひとくくりにして「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に準拠して実行される運びとなりました。
既に歯の周りを覆っている骨を減らしてしまうほど酷くなってしまった歯周病は、あわよくば炎症自体が和らぐことはあっても、エナメル質が元の量に復元されることはないに等しいと言われています。
メタボリック症候群とは診断されていなくても、内臓に脂肪が多く付着しやすい型式のよくない肥満を抱えてしまう事により、複数の生活習慣病を誘引しやすくなります。
ご高齢の方や慢性的な病を患っている人などは、特に肺炎に弱く治るのが遅い傾向が見られるので、予防策の徹底やスピーディな治療が大切です。
ヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在する緩衝材のような役目をする椎間板という名の円形の組織が飛び出てしまった状態を指しています。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無効になった後に販売され、同一の成分で経済的な負荷を下げられる(金額が安い)後発医薬品のことを意味します。