軽い

比較的若い世代で結核(けっかく)に対抗するだけの免疫力、すなわち抵抗力を保持していない人々が増加したことや、自己判断のせいで受診が遅れることが原因の集団・院内感染の発生頻度が高くなっています。
素材がグラスファイバーのギプスは、大変強くて軽いのに長期間使うことができ、なんと濡れても使えるという長所があるので、今の日本のギプスの中では第一選択肢となるまでに浸透しました。
70代以上のお年寄りや病をお持ちの方などは、一際肺炎を発症しやすくてなかなか治らないというデータがあるので、予防に対する意識や早めの手当が肝要なのです。
子どもの耳管の特性は、大人のそれに比べて幅があって短めで、又ほぼ水平になっているため、様々なばい菌が侵入しやすくなっています。大人より子供の方がよく急性中耳炎に罹るのは、この事が関係しています。
ハーバード医科大学(HMS)の調査結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2〜3杯のカフェイン抜きのコーヒーで代用すると、あの直腸がんの発病率を0.52減少させることができたのだ。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が見られないのに、体重が食事・飲酒や排尿などによって一時的に増減するような時、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少したら体脂肪率が上昇します。
「肝機能の減衰」は、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値でモニターできますが、ここ数年で肝機能が減衰している日本人が明らかに増えているということが判明しています。
痩せたいためにカロリー摂取を抑える、食事を抜く、そのような生活を続けると結果として栄養までもを不足させ、慢性の酷い冷え性をもたらすことは、何度も問題視されているのです。
食事という行為は、食べようと思った物をなんとなく口に運んで20回前後噛んで飲み下して終わりだが、その後も体は実に健気に機能し続けて異物を人体に取り込むよう励んでいる。
吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器のひとつ)から出血する状態で、吐血の方は無腸間膜小腸より上にある消化管から出血する病状を表しています。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭くなってしまって、血液の流れが途絶えて、欠かせない酸素や栄養を心筋まで届けられず、筋肉細胞自体が壊死する大変怖い病気です。
アルコールをクラッキングする作用があるナイアシンは、宿酔に効果的です。不快な宿酔の大元だといわれているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に関係しているのです。
脂溶性であるビタミンDは、Caが吸収されるのを促すという特質が有名であり、血液の中のCa濃度をコントロールして筋繊維の活動を調整したり、骨を生成したりしてくれます
ともすると「ストレス」は、「無くさなければいけない」「排除しなければいけない」ものと考えがちですが、本当のところは、私たち人はこうしたストレスを経験するからこそ、生き延びていくことが可能になります。
鍼灸のはりを皮膚に刺す、という物体的な無数の刺激が、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと呼ばれている電気信号の伝達を引き起こすのではないかと言われています。