水平

体脂肪量は変動がなく、体重だけが食事や排尿などにより一時的に増減するような時、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が高まります。
V.D.は、カルシウムが吸収されるのをサポートする性質で有名で、血液の中のCa濃度を操作して、筋繊維の機能を適切に調節したり、骨を作ったりしてくれます。
子どもの耳管の作りは、大人のそれと比較すると幅広で短い形で、又ほぼ水平になっているため、ばい菌が進入しやすくなっているのです。乳幼児がよく急性中耳炎を発症するのは、この事が関わっています。
食べ過ぎ、太り過ぎ、喫煙、運動不足、精神的なストレス、高齢化などの複数の原因が融合すると、インスリン分泌が減少したり、働きが鈍くなったりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。
ビタミン欠乏症である脚気(かっけ)の症状は、主に手や脚が麻痺したり下肢の著しいむくみなどが代表的で、病状が進行すると、最悪のケースでは心不全を起こす可能性があるようです。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、約1週間服薬すれば、全般的に9割近くの人の自覚症状は消え去りますが、かといって食道粘膜の傷みや炎症が根治したわけではないので気を付けましょう。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に内在する血糖値に深く関与しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことで、その膵臓からは必要量のインスリンが出なくなってしまって発病する種類の糖尿病です。
内臓脂肪過多の肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、高血圧、高血糖のうち2個以上に当て嵌まる健康状態のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼ぶのです。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に変わりはありませんが、喀血とは喉から肺を繋いでいる気道(きどう、呼吸器のひとつ)から血が出ることで、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上部にある消化管から出血する病状を指しています。
アルコールを分解するという働きがあるナイアシンは、嫌な二日酔いに効きます。辛い二日酔いの主因物質と考えられているエタナールという物質の無毒化にも関係しています。
肝臓をいつまでも健康にキープするには、肝臓の有害物質を分解する力が衰退しないようにする、つまり、肝臓を老けさせない対策を実践することが必要でしょう。
汗疱状湿疹(汗疱)は主に手の平や足の裏または指と指の間などにプツプツとした水疱が出る症状で、通称あせもと言い、足の裏に出来ると足水虫と早とちりされることが結構あります。
はりを気になる所に刺してもらう、という直接的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスと言われている要は電気信号の伝達を招くという考え方が浸透しています。
栄養バランスの取れた食生活や運動は勿論、肉体や精神の健康やビューティーアップを目的とし、食事以外に様々なサプリを服用する事が普通になったそうです。
くも膜下出血とはその80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる血管が変形してできた瘤(こぶ)が裂ける事が原因となってなってしまう致死率の高い病気として認識されるようになりました。