人道的観点

イスラエルとシリアは国交を結んでおらず敵対関係にあるが、人道的観点から患者を受け入れ、これまで700人以上が治療を受けて、再びシリアに帰国した。

この活動が両国民の信頼関係を醸成し、両国の関係改善に繋がる期待もある。 「シリアの病院は狙撃兵に狙われる危険がある。イスラエルなら最先端の治療を受けられると思った」 シリアとの境界から約50kmの距離にあるイスラエル北部の町ツファット、不倫調査 静岡そこにあるレベッカ.ジーフ病院の一室で、50代のシリア人男性は語った。 男性はバイクで隣町にパンを調達しに行った帰りに、迫撃砲弾が近くに落下。
避けてきた車と衝突し、両腕と足を骨折した。 救助に駆け付けた反体制側の兵士に「イスラエルかヨルダンのどちらで治療を受けたいか?」と聞かれてイスラエルを選び、膝の手術を受けた。
ツファットから西に約50kmの都市ナハリヤにあるウエスタン・ガリラヤ病院には、更に重体の患者が運び込まれる。それは、地域で唯一神経外科があるためだ。